メニュー

物理療法

物理療法とは?

低周波治療器・超音波治療器

・低周波治療器は『電気刺激』を利用し、痛みの改善(立体動態波モード)や傷ついた組織の修復(3D MENSモード)、筋萎縮の改善(EMSモード)が行える機器です。

 

・超音波治療器はその名の通り超音波を利用し、骨折の治療や筋肉や腱などの軟部組織の修復に効果があります。

 

主な適応としては以下のものが挙げられます。

 

骨折治療(骨癒合促進)

足関節捻挫(靭帯損傷)の急性期の炎症を抑える

アキレス腱炎やテニス肘(上腕骨外側上顆炎)の疼痛改善

深部の軟部組織の温熱治療

 

『物理療法』と呼ばれる治療の一部で、『運動療法』と組み合わせることでさらに効果を発揮します。

 

詳しい情報は伊藤超短波株式会社のホームページをご覧下さい。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME