メニュー

ひじ・手・腕の症状(痛み・しびれ・違和感)

以下のような症状・病気にお悩みの方はご相談ください

症状

  • 腕の痛みやしびれ
  • 肘の痛み
  • 肘の引っ掛かり
  • 手首・指の痛みや腫れなど

病気

 肘

 

 

上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)

 
テニス肘とも言われるこの疾患は、テニスのバックハンドを繰り返すことで、筋肉の付着する部分が炎症を起こし、
肘の外側の骨が痛くなるのが特徴です。
 
『テニスしたことないけど痛い』と訴える方も多く、
パソコンを使う頻度が多い人や、重たい荷物を持つ頻度が多い人に発症しやすいです。
 
手の甲が上を向いた状態で鞄や荷物を掴む動作で痛みが生じることがあります。
 
また、肩甲骨を含めた肩の可動域が十分でない人に多く発症することが多いので、
 
肘や手首だけでなく、肩や肩甲骨の可動域の改善も必要となってきます。
 
テニス
 
 

手根管症候群(しゅこんかんしょうこうぐん)

 
手根間とは手首の付け根にあるトンネルのことで、そのトンネルの中を指の筋肉の腱や神経、血管が通っています。
トンネルの中の圧力が上昇して神経を圧迫してしまうことで、親指から薬指の一部にしびれが生じてしまいます。神経の圧迫による痺れの中で最も多いと言われています。
 
手根管を通る神経は『正中神経(せいちゅうしんけい)』と言い、手のひらの感覚や指や手首を曲げる筋肉を動かす役割を持っています。
 
正中神経が圧迫されやすい部分が2つあり、
1つが手根管、もうひとつは肘の内側の筋肉である円回内筋(えんかいないきん)の部分と言われています。
 
原因としては手の使い過ぎだけでなく、骨折などのケガ、リウマチが挙げられます。また、妊娠や閉経などをきっかけに生じることもあると言われ、中年女性に多い疾患です。
 
しびれだけでなく、つまみ動作が難しくなりOKサインが作れなかったり、親指の付け根の筋肉が萎縮してしまったりする症状があります。
 
時間の経過が短く症状が軽い場合は、投薬や装具を使用した保存療法が一般的です。
 
痛みが強いもの、症状が進んでいるもの、母指球筋の回復が期待できないものなどは手術を受ける場合もあります。
 
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME